推し、燃ゆ

推し、燃ゆ
作者: 宇佐見 りん
出版社: 河出書房新社
出版年: 2020-9-11
页数: 144
装帧: 平装
ISBN: 9784309029160

内容简介  · · · · · ·

【第164回芥川賞受賞作】

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」

朝日、読売、毎日、共同通信、週刊文春、

ダ・ヴィンチ「プラチナ本」他、各紙誌激賞! !

三島由紀夫賞最年少受賞の21歳、第二作にして

第164回芥川賞受賞作

◎未来の考古学者に見つけてほしい

時代を見事に活写した傑作

――朝井リョウ

◎うわべでも理屈でもない命のようなものが、

言葉として表現されている力量に圧倒された

――島本理生

◎すごかった。ほんとに。

――高橋源一郎

◎一番新しくて古典的な、青春の物語

――尾崎真理子

◎ドストエフスキーが20代半ばで書いた

初期作品のハチャメチャさとも重なり合う。

――亀山郁夫

◎今を生きるすべての人にとって歪(いびつ)で、でも切実な自尊心の保ち方、を描いた物語

――町田康

◎すべての推す人たちにとっての救いの書であると同時に、絶望の書でもある...

(展开全部)

【第164回芥川賞受賞作】

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」

朝日、読売、毎日、共同通信、週刊文春、

ダ・ヴィンチ「プラチナ本」他、各紙誌激賞! !

三島由紀夫賞最年少受賞の21歳、第二作にして

第164回芥川賞受賞作

◎未来の考古学者に見つけてほしい

時代を見事に活写した傑作

――朝井リョウ

◎うわべでも理屈でもない命のようなものが、

言葉として表現されている力量に圧倒された

――島本理生

◎すごかった。ほんとに。

――高橋源一郎

◎一番新しくて古典的な、青春の物語

――尾崎真理子

◎ドストエフスキーが20代半ばで書いた

初期作品のハチャメチャさとも重なり合う。

――亀山郁夫

◎今を生きるすべての人にとって歪(いびつ)で、でも切実な自尊心の保ち方、を描いた物語

――町田康

◎すべての推す人たちにとっての救いの書であると同時に、絶望の書でもある本作を、わたしは強く強く推す。

――豊崎由美

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈“することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し——。デビュー作『かか』は第56回文藝賞及び第33回三島賞を受賞(三島賞は史上最年少受賞)。21歳、圧巻の第二作。

> 更多短评 95 条